卵巣嚢腫を発症すると、どんな症状を起こすのでしょうか?

MENU

卵巣嚢腫は良性の腫瘍

卵巣は腫瘍が出来やすい場所であり、良性・悪性問わずに自覚症状がほとんどないので、良性の場合ではそのまま気がつかずに放置されてしまうこともあります。最近は、検診や妊娠時のエコーが広く普及してきたので、早い段階で見つかる人も増えてきています。

 

そんな卵巣はどこにあるのかというと、腹腔という場所にあり、その大きさは2cm程度。多少の腫れであれば腹腔になんらかの影響を与える事はありません。さらに、卵巣は骨盤と子宮それぞれの靭帯で支えられているので、こちらもそんなに影響を与える事はないのです。

 

良性の腫瘍は、卵巣嚢腫と卵巣充実性腫瘍とに分かれます。卵巣嚢腫は、卵巣内に液体や脂肪がたまってしまうため、柔らかい腫瘍になる特徴が。発生頻度はとても高く、卵巣腫瘍といえばほとんどこれです。腫瘍内部に溜まったものによって漿液性嚢腫・皮様性嚢腫・粘液性嚢腫・チョコレート嚢腫と分けられます。

 

腫瘍の大きさが7cmを超えると、卵巣の根元がねじれる茎捻転を起こす可能性があるので、手術がおこなわれるものとなります。これをそのまま放置しておくと、下腹部痛や発熱、吐き気・嘔吐といった症状が表れるようになり、ひどくなると腫瘍が破裂して中身がお腹の中にばら撒かれる事も。これが腹膜炎を起こすこともあり、虫垂炎と似たような症状を引き起こします。こうなると緊急手術です。

 

もう一つに腫瘍である充実性腫瘍は、下腹部にしこりを感じて発覚することがあります。どちらのタイプでも、周囲の臓器…膀胱や腸を圧迫することから、頻尿と便秘に悩まされ事もあります。


定期的な検査で早期発見

もしも良性ではなく悪性腫瘍であったら…それはどんな症状を発生させていくのでしょうか?悪性腫瘍の場合では、その種類は充実性腫瘍のみ。充実性腫瘍が発見されたら、血液検査や画像検査などで良性と悪性のどちらになるのか調べますが、ばっさりと摘出して病理検査をおこなう場合もあります。

 

悪性腫瘍の場合も、初期ではまったく症状が表れません。なので進行しやすく、他の臓器に転移してしまい…そこから末期がんになって気が付くことが多いものとなっています。そのことから、英語では「サイレントキラー」、日本語では「沈黙の臓器(腫瘍)」といわれています。

 

近年では、妊娠することを考えて産婦人科を受診、もしくは妊婦さんの定期健診のエコーでたまたま発見されることが増えています。ただ、卵巣癌は40代後半から60歳といった高齢の方によく見られているので、定期的に検査を受ける場をつくるのが早期発見に繋がります。

 

下腹部に満腹感や張っている感じ、骨盤周辺に痛みを感じる、食欲の低下、体重の急激な減少、便秘や頻尿…といった症状が見られる場合は、早めに産婦人科を受診しましょう。卵巣嚢腫は自覚症状が乏しく具体的な予防策はありませんので、日頃からの意識が大事。最近では自治体や企業において検診を無料でおこなっていたりするので、そうしたものを受けておくと、早期発見に繋がりやすくなります。


関連ページ

卵巣嚢腫の術後
卵巣嚢腫の手術をした後は、社会復帰できるように体調を整えていきます。 無理をしないことが、再発を予防します。
卵巣嚢腫と妊娠
卵巣嚢腫を発症して治療を受ける事になった時、まず気になるのが妊娠・出産への影響です。 手術や治療を受けた後には、妊娠ができなくなるのでしょうか?