卵巣嚢腫とはどんな病気で、症状はどういったものなのでしょうか?

MENU

卵巣嚢腫は4つに分類される

子宮の両端にある卵巣は、腫瘍ができやすい臓器です。そして、そのほとんどがガンではない良性の腫瘍で、ほとんどが卵巣嚢腫です。良性といっても安心できるものではなく、妊娠に影響を与える病気ですから、将来的に妊娠・出産を考えている女性にとっては無視できない存在。厄介な事に、初期ではほとんど症状がわからないので見過ごしやすく、進行してから気が付く事が多いです。

 

卵巣嚢腫は、?腫の内容物から4つに分類されています。漿液性嚢腫・皮様性嚢腫・粘液性嚢腫・チョコレート嚢腫です。

 

○漿液性嚢腫
年齢に関係なく、最も高い頻度でできる嚢腫。卵巣表面の上皮から発生し、サラサラとした液体状のものが嚢腫の中に溜まります。そのままにしておくと、拳よりも大きくなる事があります。

 

○皮様性嚢腫
20代〜30代の女性に発症しやすい嚢腫。嚢腫の中は、筋肉組織や毛髪、軟骨、歯などが混ざってドロドロ状態になっています。体を構成する元を作り出す役割を持っている卵巣だからこそ、組織をつくる細胞が卵巣の中で増殖して嚢腫を発生させてしまうのです。

 

○粘液性嚢腫
閉経後の女性に発症しやすい嚢腫で、ゼラチンのようなネバネバした液体が溜まっています。

 

○チョコレート嚢腫
子宮内膜症が原因の嚢腫。月経として排出できない血液や剥離した細胞が卵巣に溜まって起こります。


症状がわかりにくく早期発見が難しい

初期症状がほとんどないので、早期発見はとても難しいものとなっています。検診などで卵巣の腫れを指摘されてびっくりすることもありますが、卵巣の大きさは月経周期によって変化するので、これはさして珍しくない事。ただ、この腫れが一時的なものであれば次の月経が始まることで治まりますが、そうでなければ卵巣嚢腫を発症している可能性が高くなります。

 

もしも検診などで卵巣が腫れていることがわかったら、2〜3ヶ月後に再検査をします。自然に治まっているようであれば、特に治療の必要はありません。が、腫れている状態に変わりなく、それが卵巣嚢腫であるとなった場合には、より詳しい検査をして経過観察もしくは手術などの治療を施すこととなります。

 

嚢腫の大きさが小さく、その成長スピードもゆっくりであれば様子をみることもありますが、もしもそれがチョコレート嚢腫だった場合は別です。嚢腫の大きさに関係なく、子宮内膜症が悪化しないようにピルやホルモン治療をおこないます。ただ、妊娠を希望している場合では、この治療を施すことはできません

 

卵巣は沈黙の臓器といった呼び名があるだけに、腫瘍が小さい時には自覚症状もありません。大きくなってから気が付く事がほとんどで、妊娠検診で発見される事もあります。ただ、これが大きくなりすぎて破裂したり、根元からねじれて茎捻転を起こすと、激しい腹痛や吐き気、出血、発熱などの症状が出始めます。

 

茎捻転は血の流れが止められ、卵巣が壊死してしまう危険性があるので、早急に手術をする必要が求められます。腫瘍がこぶしほどの大きさにまでなると、月経痛がひどくなったり、月経でもないのに下腹部に張りや痛み、腰痛を感じることもあります。妊娠しにくくなったり、頻尿や便秘、さらには痩せてくることもあるのです。


卵巣嚢腫とは?記事一覧

 

卵巣は腫瘍が出来やす...

 
 

卵巣嚢腫の手術をした...

 
 

妊娠・出産を希望する...